平屋は耐震性があるのかどうか解説します!

家づくり
この記事は約2分で読めます。

平屋をご検討の方、「果たして平屋は地震に強いのだろうか。」そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は平屋の耐震性について解説します。
ぜひこの記事を通して、耐震性に対する疑問を解消して頂きたいです。

□平屋は耐震性があるのだろうか

結論として、一般的に「平屋は耐震性が高い」と認識されています。
では、その理由を2つ解説していきます。

*単純に揺れにくい

1つ目は、平屋は揺れにくいという理由です。
皆さん、2階建ての建物より1階建ての建物の方がイメージ的に揺れにくいように思えないでしょうか。

想像してみてください。
低いマンションより高いマンションの方が感覚的に揺れが大きいイメージがあると思います。

実際、そのイメージの通りで、一般的に建物は低いほど揺れにくいです。
従って、2階以上がない平屋は必然的に低くなりやすく、地震の揺れにも強くなります。
そのため、ひび割れや倒壊のリスクも抑えられます。

また、この揺れの強さは、地震だけに対するものではありません。
地震以外の揺れにも強いのが平屋です。

地震以外の揺れとは、大きな車が近くを通るときや、強風による揺れのことを指します。
こうした揺れに対しても、強いため、この揺れにくさが耐震性の高さへと繋がっています。

*潰れにくい

2つ目は、平屋は潰れにくいという理由です。

大規模な地震が発生した際は、建物が潰れてしまう可能性があります。
その大半が2階建て以上の建物です。

なぜならば、平屋が支えているのは屋根だけですが、2階以上の建物の場合は、屋根の他にもいくつもの部屋を支えなければなりません。

従ってその重さに耐えきれず、大規模な地震により潰れてしまう可能性が出てきてしまいます。

□注意しなければならないこと

ここまで、平屋の耐震性が強いことを述べてきましたが、必ずしも平屋にしたら安心という訳ではありません。
平屋を新築する際は、その「構造」に注意しなければなりません。
その中でも特に重要とされるのが、耐震性を考慮した壁や、柱の位置などの耐震構造です。

例えば、リビングのような部屋に広さを求め、空間を最大限に活かそうとし過ぎると、柱を減らし、建物全体の強度を削いでしまいかねません。
これにより耐震性が低下する可能性があります。

従って、平屋の場合であっても構造には注意を怠らないことをおすすめします。

□まとめ

今回は、平屋の耐震性について解説しました。
この記事を参考に、平屋をご検討の方は耐震性について考えてみてください。
また、横浜、鎌倉周辺で平家に関してその他にもご相談がある場合は、ぜひ当社で相談会も実施していますので、ご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました