注文住宅で後悔しないオプションは?付けない方が良いものについても解説します!

家づくり
この記事は約2分で読めます。

「注文住宅でどういったオプションを付ければ良いか悩んでいる」
「選びたいオプションがあるけれど後悔したくない」
このようにお考えの方は多いでしょう。
注文住宅を購入するのであれば、オプションで後悔したくないですよね。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅で付けないほうが良いオプションについて

オプションは家族の間で付けたいと思って付け足すものですが、付けないほうが良いものもあります。
ここでは付けないほうが良いオプションについて解説します。

1つ目は、妥協できるものです。
妥協できるものは、予算オーバーの場合はつけなくて良いでしょう。
妥協できる場合は、なくても困りません。
あれば便利だと思う程度の感覚で付け足したいオプションは付けないほうが良いでしょう。

2つ目は、後からでも付け足せるものです。
例えば、カウンター上の照明やクローゼットの建具などです。
後から付けられるものは、最初から決めなくても良いでしょう。
生活していくうちに付けたいなと思えば、付ければ良いです。

以上が注文住宅で付けないほうが良いオプションについてでした。

□後悔しやすい注文住宅のオプションについて

続いては、後悔しやすい注文住宅のオプションについて解説します。

1つ目は、キッチンの上にある収納です。
このタイプの収納は、高さがあるので使いづらく、狭く暗く感じやすいといったデメリットがあります。
実際に設置しても使わないものを入れているだけの場合も多いです。
キッチンを広く使いたい方や身長があまり高くない方には、あまりおすすめできません。

2つ目は、両開きの玄関ドアです。
左右にドアが開くので高級感があり、おしゃれなドアです。
しかし、結局片方しか使わなかったり、玄関を広くする必要がなかったりといったデメリットがあります。
そのため、お金をかけて増やすオプションではないでしょう。

3つ目は、小屋根裏収納です。
これは、採用しても使わない方が多いです。
小屋根裏収納は、天井裏と屋根の下を有効活用した収納場所ですが、物を出し入れしづらいことや、夏場の温度が高すぎることなどにより使われにくいです。

以上が後悔しやすい注文住宅のオプションについてでした。

□まとめ

今回は横浜、鎌倉周辺で注文住宅のオプションについて知りたい方に向けて、後悔しやすいものについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用していただけると幸いです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、いつでも当社へご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました