ローコスト住宅の総費用やランニングコストについて解説します!

家づくりとお金
家づくりとお金
この記事は約2分で読めます。

「ローコスト住宅って、総費用はいくら位になるのかな」
「ローコスト住宅と言えど、結局は維持費とかで高くつくんじゃないのか」
家を建てるときは、なるべく無駄な費用を省いて建てたいですよね。
そこで今回は、ローコスト住宅と呼ばれる住宅の特徴と、総費用や維持費について、説明していきたいと思います。

□ローコスト住宅の総費用と特徴について

ローコスト住宅は一般的に、

・坪単価30万円から40万円台
・総額1000万円程度
で建てられる住宅を指します。
有名なハウスメーカーだと坪単価70万円から80万円程を提示される場合が多いので、価格が半分くらいに抑えられることもあります。

しかしコストを抑えられるのには、いくつか理由があります。
例えば、ローコスト住宅はシンプルな造りになっている場合が多いです。
この場合、壁の面積を抑えることで施工時の人件費や材料費を削り、低価格に抑えています。

またそれ以外にも、なるべく自社工場内でプレカットやパネル生産を行ったり、ネットのみで販売を行ったりするなどして費用を削減しているケースもあります。
以上のような企業努力の結果、ローコスト住宅が生まれているのです。

□ローコスト住宅のランニングコストについて

ローコスト住宅を購入するうえで、忘れがちなのがランニングコスト(維持費)です。
生活するうえで、ランニングコストとして光熱費、固定資産税、住宅の補修費用が挙げられますが、
「ローコスト住宅は初期費用が少ない分、補修費などの維持費が高くつくのではないか」
と、心配される方も多いです。

しかし実際のところ、高級ハウスメーカー製の住宅にしたからといって、必ずしも維持費が抑えられるわけではありません。

確かに、メンテナンスの頻度を抑えられる建材で家を建てた場合、ローコスト住宅よりも維持費が少なくて済むかもしれませんが、初期費用が高くなります。
そうなるとトータルコストで考えた時に、どちらが高いとも言い切れません。

高級ハウスメーカー製の住宅が必ず長持ちする訳ではないので、メーカーの施工品質をよく見定めましょう。
また、住宅を検討する際には、初期費用と維持費の合計額を考えるのがおすすめです。

□まとめ

今回はローコスト住宅の特徴と費用について、説明しました。
当社では、最初から最後まで建築士がお客様と直接お話しさせていただきます。
横浜、鎌倉周辺で品質の高い家づくりをご検討している方は、お気軽に当社にご相談ください。
手に届く価格帯で、理想の暮らしをご提案させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました